PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たぬきのこ?

ライガのために『爪切り』を買いました。

我が家にいた時からまだ細い爪はそりゃもう、引っかき傷というよりナイフでスパッと切ったような傷になって。

実家に連れてく前にちょっとだけ切ることにしたものの、ジーゼたちに使っている「つめきり」では爪が細すぎて切れなくて、結局人間用の一番小さいもので切っていきました。


おきてあしょんで


でも、この『爪切り』だったら、大きくなっても切れそうかなーと。
うちはもっと安いところで買いましたけど(商品説明はここが一番わかりやすい^^;)、それにしてもごっつー高い『爪切り』ですよ^^;;;
まあ、お袋の目じゃどんな物使っても怖くて切れないだろうけどなー。



贅沢なんかさせてはやれないけど、出来る限りで暮しやすいようにしてやりたいと思います。

ゆっくりおやすみ

これで怖い思いや嫌な思いさせる前にスパッと切ってやれるものなら。
縁があってやってきた生命なんだろうから、大切にはしてやりたい。


…ジーゼ達がやってきて、色々ネコの記事やサイト、ブログが気になるようになったけど、亡くなった飼い猫を偲ぶお話や哀しい運命の捨て猫たちの話がすっかり苦手になりました。
目をつぶったり逸らしたりしてはいけない話もあるけれど、いたたまれなくて見てられない。

特に小さな捨て猫や野良猫の里親探しのサイトなんて、片っ端から面倒見てやりたくなる。

だから…ほんとはもし次にネコを連れてくることがあるなら、捨て猫や野良猫にしようと思ってました。
ペットにお金を出すのが悪いとはいいません。
出した金額の多寡の分であろうと大切に幸せにしてもらえるならそれはそれでいいだろうし、…彼らの運命だって、相応の大きさになるまでに買い手が見つからなかったら、多分幸せなものじゃないだろうし。
でも、ほっておいたら確実に一歩ごとに死に近づいていく生命を1個でも守れたら…と思ってたんですよね。
なにしろジーゼたちだって一歩間違えば、今頃どこかの軒下で寒さに震えていたかもしれないし、もしかしたら、とっくにお星様になっていたかもしれない。

なかよし

それからみたらライガは生まれた時からちゃんと保護されて何不自由なく育てられていて。

もしうちで貰わなくてもきっと貰い手がついたか飼い主さんがちゃんと育ててくれただろうと思います。
実際兄弟達はちゃんと引取られていったようだし。

…ライガがうちにやってきた頃…もしかしたら寒空の下で失われた小さい生命があったかもしれない。




でも…私達と結ばれていた縁は、この子でした。

あんしんなのにゃ

せっかく出会えた生命だから、大事にしないとね。
そして一緒に幸せにならないとね。

ワンパクにゃんこのライガが日々ヨレヨレしていくばーちゃと一緒に…というのは果たして幸せなんだかどうなんだか…とは思うけど、少なくともばーちゃは、最晩年といっていいんだろう今になって、幸せな出会いができたと思うよ。


もうすぐ会いにいくよ。
お土産も用意してくよ。

…でもまあ、最初にすることは、『爪切り』の切れ味を試すことだけどな^^;
スポンサーサイト

| 雷牙(ライガ) | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiserketzerei.blog14.fc2.com/tb.php/217-93471091

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。