PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご心配をおかけしました

本日の北海道十勝沖地震。
揺れたのは仕事が始まってまもなく、最初は立ちくらみかめまいのようにぐらぐらしました。
一瞬みんな自分の具合が悪くなったのかと思ったようですが、自分だけじゃないことに気付いて地震だとわかりました。
札幌は震度3、それほどの揺れでもなかったと思います。
ただ自分の職場は低層階ではあるものの建物自体は10数階あるビルですのでそれなりの揺れを感じましたし、何より今回の地震は結構長かった。

ともあれ、何も問題なく無事。
にゃんこたちもこの通りです。


だいじょうぶにゃ

しんぱいないのにゃ

揺れてる時は2匹だけでしたからどんな騒ぎになっていたかはわかりませんが、ケダモノや私が帰宅した後も特に変わりなく過ごしていますので、それほど怖い思いもしなかったようです。




むしろこっちの方が心配してたかな。




そう、我が家の場合、仕事でいないことが多いんですよね。
そばにいる時ならどんなことをしても守ってやろうと思うし、実際に出来る限りそうするだろうとは思います。

でも、そばにいてやれなかったらなにもできない。

家具が崩れる程の揺れだったとしても。
建物が崩壊するほどの揺れだったとしても。
その時一緒にいられなければ、無力極まりないものなんですよね。

うんめいだけど…

なすすべもなく、家具の下敷きになるかもしれないし、建物とともに崩れ落ちるしかないのかもしれない。


でも、それは我々も同じなんだけれど。

例えば、私だけが職場のビルの崩壊とともに命を落とすかもしれないし、ケダモノが道路の陥没や亀裂などで事故に遭うかもしれない。
そして、彼らだけが生き残ってしまうかもしれないんです。

むずかしいにゃ



北海道、特に札幌はあまり大きな地震のない地域なので防災グッズ等は何の用意もしていません。
その言い訳みたいですが、今日のようにもし平日の日中だったらどんな準備も何の役にも立たない場所にいるんですね。
そう考えると怖いな、と思いました。



守りたいいのち

子供もいない私にとってはなにに変えても守ってやりたいいのちは彼らだけれど、果たしてその時、私は守ってやることができる場所にいるんだろうか…。
スポンサーサイト

| ねこズ | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiserketzerei.blog14.fc2.com/tb.php/152-d6d28edc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。